2010年1月15日 (金)

美味しいあんこう鍋、本物のどぶ汁、あん肝

鮮度の良いあんこうを使った、美味しいあんこう鍋を味わえば、決して美味しく

はない『本物のどぶ汁』を食べる必要は無いとわかる。

水が貴重な漁船の上で食べられていたという『本物のどぶ汁』。

水を使わない方が美味しいから作られていたのではなく、ただ単に水が貴重だ

という理由で作られていた濃厚過ぎる『本物のどぶ汁』。

美味しいあんこう鍋を食べた事が無いために、水が豊富にある陸上で、美味し

くない『本物のどぶ汁』をありがたがって食べている愚かな人達。

しかも、その『本物のどぶ汁』に使っているあんこうの肝は、まず間違いなく冷

凍輸入物。

いや、もしかしたらあんこうの肝ですら無いかも知れない。

あん肝、あんこう共和え等、料理にあんこうの肝の需要はかなりあるのに、鍋に

たくさん入れる程の量の生のあんこうの肝を常に用意出来る訳が無いだろう。

観光地にある観光ホテルで出される『本物のどぶ汁』をありがたがって食べてい

る人は、あんこうの体の中に、一体どれだけ肝があるのだと思っているのだろう

か。

もし本当に『本物のどぶ汁』を作るのならば、貴重な生のあんこうの肝を大量に

使うのだから、価格はかなり高くなるはずだ(高ければ本物、という事では無い)。

産地に行けば安く食べられるなどという事は無い(東京で食べるより安いとかの

指摘は不要)。

産地に行っても、貴重な物は高いのだ(高ければ本物、という事では決して無い)。

仕入れが無い時には正直に材料が無いと言ってくれる真面目な店で、安売りで

は無い適正な価格の美味しい料理を楽しみたい。

そして、怪しい素材を使った美味しくない『本物のどぶ汁』よりも、本当に美味し

いあんこう鍋を楽しみたい。

| | コメント (9)

2010年1月14日 (木)

さようなら北茨城市

北茨城市平潟で、新鮮なあんこうを使った美味しいあんこう鍋を楽しむ事が出

来た。

素材の本質を見ずに、作り方だけに着目した『本物のどぶ汁』に満足している

ようでは決して味わう事の出来ない美味しいあんこう鍋だった。

日帰りでは少し物足りないが、JR常磐線普通列車とJRバス関東の高速バスを

乗り継いで帰ろう。

.

大津港14:16→14:46日立 普通列車

日立15:30→18:25上野 JRバス関東(乗客7人)

.

-----

大津港→日立 乗車券  570円

日立→上野 JRバス関東  2390円

合計  2960円

| | コメント (0)

入舟

北茨城市平潟町にある地魚専門の和食店「入舟」。

平潟港、大津港に揚がった新鮮な魚介類が食べられる店だ。

3年ぶりの訪問。

晴れて寒い木曜日の11:00、カウンター6席、4人用席×2、奥に座敷席があ

る店内に先客は無し。

後から2組3人の客が入って来た。

窓からは目の前の平潟の穏やかな海が良く見える。

100114_111814_2「お刺身盛合わせ」。

ソイ、ヒラメ、オコゼ、アイナメ、アマダコ、貝、ブリ、メバチマグ

ロの刺身。

.

100114_115942_2「あんこう鍋(2人前)」。

この店のあんこう鍋は2人前からでないと頼めない。

あん肝ベースで味噌が入った濃厚な出汁に、あんこうの色々

な部分の切り身、ハクサイ、ネギ、ニンジン、ダイコン、ミズナ、

豆モヤシ等のたっぷりの野菜と豆腐が入っている。

鍋に具材を入れる時に、野菜はもちろん、あんこうの1つ1一つの部分の名前

を言ってから入れてくれるのが分かりやすくてありがたい。

写真では野菜しか入ってないように見えるが、たっぷりの野菜の下には、しっか

りとあんこうが入っている。

あん肝ベースで味噌が入った出汁が、濃厚でコクがあってとても美味しい。

シャキシャキッとした良い歯応えの新鮮な野菜。

今朝、平潟港に揚がったと言う、冷凍では無い鮮度の良いあんこう。

ゼラチン質の部分がプルンプルンとした良い歯応えがある。

鍋全体にも、あんこうと野菜の旨味がしっかりと出て、とても美味しいあんこう鍋。

100114_122800_2「あんこう鍋・雑炊」。

あん肝ベースの味噌出汁、あんこうの身、野菜の旨味が全て

ご飯に吸収された、とても美味しい雑炊。

ネギと玉子が加わり、まろやかで風味が良く、さらに美味しくな

っている。

とても美味しいあんこう鍋に満足をして店を後にする。

-----

入舟   茨城県北茨城市平潟町22−2

11:00~18:00  定休日 月曜日

ビール  550円×2

お刺身盛合わせ  4000円

あんこう鍋(2人前)  6500円

合計  11600円

| | コメント (0)

北茨城市へ、美味しいあんこう鍋を求めて

寒い冬。

魚の美味しい季節だ。

美味しいあんこう鍋を求めて、茨城県北茨城市に行こう。

輸入冷凍物のあん肝を使った『本物のどぶ汁』を出している、単なる観光地の

大洗などでは無く、あんこうの本場、北茨城市平潟町へ行って美味しいあんこう

鍋を味わおう。

平潟港とあんこうが私を待っている。

100114_101517_2

100114_105340_2

100114_131835_2

.

.

.

.

.

上野08:00→09:41日立 スーパーひたち7号 3号車4番D席

日立09:44→10:15大津港 普通列車

.

-----

上野→日立(トクだ値20・乗車券2010円+特急券1830円)   3840円

日立→大津港 乗車券  570円

合計  4410円

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

さようなら、いわき市、北茨城市

2泊3日のいわき市、北茨城市への旅で、本場のあんこう鍋を4回味わう事が

出来た。

おいしいあんこう鍋、そうでもないあんこう鍋、本格派の店、観光バスで団体客

が来る店、色々あった。

いわき市小名浜の市場付近の店は、どこも観光客相手の単なる定食屋の雰囲

気だ。

北茨城市五浦地区の店もほぼ同じ。

大きな観光ホテルなどは問題外。

初めて、あるいは久しぶりに訪れる場所では、事前調査を重ねて旅立つ私でも、

その旅で1軒のおいしい店に出会えれば良い方だ。

生涯で一度、一軒でしか食べた事のない種類の物を『この店はおいしい』と、す

すめる事は避けたい。

いわき19:13→21:34上野 スーパーひたち62号4号車5番C席で帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平潟港

P505is0153419851_1P505is0153550925P505is0154075222P505is0154140759

.

.

.

.

ここは茨城県北茨城市の「平潟港」。

福島県いわき市の小名浜港とは違い、小規模な漁港だ。

青い空と青い海。

暖かくて気持ちが良い。

この船であんこうを獲りに行くのだろうか?

-----

平潟港   茨城県北茨城市平潟町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入舟

P505is0153616463_1北茨城市平潟町にある地魚専門の食堂「入舟」。

初めての訪問。

晴れて暖かい木曜日の11:10、カウンター6席、4人用席×2、

奥に座敷席がある店内に客は私1人。

あんこう鍋を頼むと、4人用席に案内される。

窓からは目の前の平潟の穏やかな海が良く見える。

P505is0153682000_1「あんこう鍋」2人前。

事前に電話で確認しておいたのだが、この店のあんこう鍋は2

人前からでないと頼めない。

あん肝ベースの味噌に、あんこうの切り身、ハクサイ、ネギ、

P505is0153747537ニンジン、ダイコン、ミズナ、豆腐、豆モヤシが入っている。

鍋に具材を入れる時に野菜はもちろん、あんこうの一つ一つの

部分の名前を言ってから入れてくれるのがありがたい。

写真では野菜しか入ってないように見えるが、野菜の下にはあ

んこうがたっぷり入っている。

あん肝ベースの味噌が濃厚なコクがある。

しゃきしゃきとした良い歯応えの野菜。

今朝、平潟港に揚がったというあんこう。

ゼラチン質の部分がプルップルンとした歯応えがあり、今回食べた4軒の中で

一番のおいしさだ。

鍋全体にも、あんこうと野菜の旨味が良く出ているおいしい鍋。

P505is0153813074_1「あんこう鍋・雑炊」。

あん肝ベースの味噌、あんこうの身、野菜の旨味が全てご飯

に吸収されてとてもおいしい雑炊。

ネギと玉子が加わりさらにおいしくなっている。

とてもおいしいあんこう鍋に満足をして店を出る。

-----

入舟   茨城県北茨城市平潟町22-2

11:00~18:00  定休日 月曜日

あんこう鍋 2人前  6500円

| | コメント (12) | トラックバック (0)

平潟の海

P505is0152240183P505is0152633406

.

.

.

.

P505is0153092166P505is0153026629_1P505is0153223240_2P505is0153354314_1 .

.   

.

.

冬の朝、海岸を歩く独りの男。

ここは茨城県北茨城市の平潟の海。

波が岩に当たり飛び散り、遠くには小名浜が見える。

山側を見れば、横穴墳墓付き原野が売りに出されている。

-----

平潟   茨城県北茨城市平潟町

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

暁園

P505is0151584806_1北茨城市平潟町の民宿「暁園」。

JR常磐線、大津港駅から慣れない道を徒歩30分で着いた。

初めての訪問。

和室8畳バス・トイレ共同、あんこう鍋(どぶ汁)プランの宿泊。

P505is0151650343「梅の間」。

1Fの和室8畳。

部屋の窓からは目の前に廃屋が見え、少し離れて右の方に

平潟の海が見える。

部屋で一休みした後、温泉ではない、沸かし湯の風呂に入ろう。

風呂場は中から鍵をかける事ができる、貸切だ。

風呂場の窓からは、梅の間から見るよりも近くに海が見える。

風呂からあがり、部屋でくつろぎながらあんこう鍋の夕食を待つ。

18:00を過ぎた頃、夕食の準備が出来たと広間に呼ばれる。

広間には、1組4人のおじさんの先客が居た。

私が歩いて宿に来る途中にすれ違った4人で、あの時は宿の周辺を散歩して

いたそうだ。

これで今日の客全てだ。

夕食に入ろう。

「あん肝」、「あんこう共酢」、「ホタテとシメジバター焼き」等がテーブルに並ぶ。

どれも、なかなかおいしい。

「キムチ」もあったが、こういう料理には合わないと思う。

P505is0151715887_1

「刺身盛り合わせ」。

ヒラメ、サワラ、キビナゴの刺身。

どれも新鮮でコリコリした食感があり、それぞれに違った旨味

がある。

P505is0151781424_1「ホウボウ煮付け」。

白身の魚で、身がふっくらとやわらかく、あっさりとした味付け

でおいしい煮付けだ。

この辺で、あんこう鍋の用意が始まる。

P505is0151912498_1「蒸し物」。

エビ、鶏肉、ハクサイ、シメジ、シュンギク、餅等が入った蒸し物。

あっさり、さっぱりとした上品なダシの味で、シュンギクの香りが

良くおいしい蒸し物。

P505is0151978035_1「ワカサギ塩焼き」。

この頃になるとあんこう鍋に関心が行って、これを食べたかどう

かも覚えていない。

早くあんこう鍋を食べたい。

P505is0151846961_1「あんこう鍋」。

あん肝ベースに味噌とのブレンドの味噌だれを使った、どぶ汁

風のあんこう鍋。

あんこうの色々な部分の切り身と、豆腐、ネギ、ハクサイ、ニン

ジン、シラタキ、エノキダケ、シュンギクが入っている。

あん肝の濃厚な味が良く出て、コクがありとてもおいしいあんこう鍋。

特に豆腐がおいしい。

最後の雑炊が楽しみだ。

P505is0152043572_1「あんこう鍋・雑炊」。

おいしい雑炊だ。

あんこうと野菜、味噌だれのおいしさが全て出ている。

玉子が加わり、まろやかな味になっている。

満足できる夕食だった。

今夜はどこにも行かずに部屋でゆっくりとしよう。

-----

暁園   茨城県北茨城市平潟町1538ー1

あんこう鍋(どぶ汁)プラン 1泊2食付き  10500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわき市から北茨城市へ

福島県いわき市小名浜では、2軒の割烹であんこう鍋を味わい、三崎公園に

行きマリンタワーに昇り、海では小名浜港デイクルーズも楽しんだ。

それでは、あんこうの本場、茨城県北茨城市に移動しよう。

新常磐交通の小名浜駅(貨物の駅)バス停に行くと、泉駅行きのバスは出たば

かりだ。

次の泉駅行きバスには時間があるので、玉川団地経由八仙まわりいわき駅行

きのバスに乗り、湯本駅まで行こう。

14:17発のバス車内の客は5人位、私以外は全員おばあさん。

このまま湯本駅まで行くのかと思ったら、途中で黒いギャルが2人乗って来た。

こんな所にも存在するのか。

バスは30分程で湯本駅東口に着いた。

湯本駅東口とは名前だけで、バス停があるだけ。

線路を跨ぐ歩道橋を渡り、JR常磐線の湯本駅に着く。

湯本駅15:07発の水戸行き普通列車に乗ると車内にほとんど客は無く空い

ている。

電車は大津港駅15:28着。

ここから歩いて今夜の宿を目指す。

-----

新常磐交通 小名浜駅~湯本駅東口  500円

JR常磐線 湯本駅~大津港駅  400円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

あんみつ・豆かん・ぜんざい等 いもフライ うどん うなぎ・鰻 お土産・取り寄せ お好み焼き お弁当 かき氷 ぎゅうにゅう・牛乳 ぎょうざ・餃子 そば・蕎麦 てんぷら・天ぷら とんかつ まめ・豆腐・豆腐料理・ゆば等 やきとり・焼き鳥・鳥料理 ようかん・水ようかん アップルパイ・タルト イタリア料理 カフェ・喫茶店(コーヒー・紅茶) カフェ・喫茶店(甘味店) カレー ガーナ料理 クッキー・焼菓子 クレープ グルメ・クッキング ケーキ ジュース スイーツ・スウィーツ・甘味 スウィートポテト ステーキ スペイン料理 ソフトクリーム・アイスクリーム タイ料理 ダイニングバー・食堂等 トルコ料理 ハンバーガー バー パフェ パン フランス料理 プリン ホットケーキ ホテル・旅館 モーニング ワッフル 三重県伊勢市 中華料理 予定・結果 北海道釧路市・知床等 千葉県富津市 千葉県松戸市 千葉県銚子市 千葉県館山市 博物館・史料館等 名店街・銘店街 和歌山県伊都郡高野町 和歌山県東牟婁郡串本町 和菓子 和食 埼玉県さいたま市 埼玉県三郷市 埼玉県上尾市 埼玉県八潮市 埼玉県川口市 埼玉県春日部市 埼玉県比企郡吉見町 埼玉県草加市 埼玉県行田市 埼玉県越谷市 大分県別府市 大分県国東半島 大分県由布市湯布院町 宮城県塩竈市 宮城県石巻市 富山県中新川郡立山町 富山県富山市 富山県氷見市 富山県黒部市 居酒屋 山口県山口市 山口県萩市 山形県山形市 山形県新庄市 山形県米沢市 山形県酒田市 山形県鶴岡市 岡山県岡山市 岩手県一関市 岩手県八幡平市 岩手県盛岡市 岩手県西磐井郡平泉町 島根県出雲市 島根県大田市 島根県松江市 島根県鹿足郡津和野町 徳島県徳島市 愛媛県今治市 愛媛県南宇和郡愛南町 愛媛県宇和島市 愛媛県東温市 愛媛県松山市 愛知県名古屋市 新潟県新潟市 新潟県西蒲原郡弥彦村 新潟県長岡市 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 東京都あきる野市 東京都中央区 東京都八王子市 東京都千代田区 東京都台東区 東京都墨田区 東京都文京区 東京都新宿区 東京都江東区 東京都渋谷区 東京都港区 東京都荒川区 東京都葛飾区 東京都西多摩郡檜原村 東京都足立区 東京都青梅市 栃木県佐野市 栃木県宇都宮市 栃木県日光市 栃木県足利市 歩行距離 洋食 温泉 熊本県阿蘇郡南小国町 石川県加賀市 石川県金沢市 神奈川県伊勢原市 神奈川県小田原市 神奈川県横浜市 神奈川県横須賀市 神奈川県秦野市 神社・寺院 福島県いわき市 福島県二本松市 福島県会津若松市 福島県福島市 福島県郡山市 秋田県秋田市 群馬県利根郡みなかみ町 群馬県吾妻郡中之条町・四万温泉 群馬県太田市 群馬県安中市 群馬県富岡市 群馬県渋川市・伊香保温泉 群馬県高崎市 羽田空港・成田空港 茨城県つくば市 茨城県久慈郡大子町 茨城県北茨城市 茨城県常陸太田市 長崎県長崎市 長崎県雲仙市 長野県小諸市 長野県松本市 長野県諏訪市 長野県飯田市 青春18きっぷ 青森県五所川原市 青森県八戸市 青森県十和田市 青森県弘前市 青森県津軽地方 青森県青森市 青森県黒石市 静岡県伊豆の国市 静岡県庵原郡由比町 静岡県静岡市 韓国料理 風景 香川県高松市 高知県四万十市・四万十川 高知県土佐清水市 高知県宿毛市 高知県高知市 鳥取県倉吉市 鳥取県東伯郡三朝町 鳥取県米子市 鳥取県西伯郡大山町 鳥取県鳥取市 鹿児島県南九州市 鹿児島県鹿児島市 SA・PA・道の駅