« ビジネスホテル信貴館 | トップページ | 富山湾越しに見る夕焼けの立山連峰 »

2010年1月26日 (火)

割烹 若竹(ビジネスホテル信貴館1F)

氷見市本町「ビジネスホテル信貴館」1Fの「割烹 若竹」。

ビジネスホテルの食堂と侮ってはいけない。

ここでは本物の素材を使った、美味しい料理を味わう事が出来る。

今回は、氷見漁港にブリが揚がる季節だけの料理を楽しもう。

と思っていたのだが、今シーズンのブリの不漁により、今日は氷見のブリが手

に入らなかったそうだ。

とても残念だが、他の美味しい料理を味わおう。

晴れているがとても寒い火曜日の19:00、先客が2組10人。

後から3組5人の客が入って来た。

100126_191933「氷見づくし膳+氷見ブリの季節だけのプラン」。

氷見産お造り盛り合わせ(+氷見ブリの刺身)、氷見産焼き魚

(氷見ブリの塩焼きに変更)、ブリ大根、氷見ブリのしゃぶしゃぶ

、氷見牛とうばん焼き、氷見うどん、氷見米ご飯。

氷見ブリの刺身、氷見ブリの塩焼き、ブリ大根、氷見ブリのしゃぶしゃぶ、は幻

に終わった。

シティホテル、観光ホテル、観光旅館、等の普通の宿泊施設ならば、本物の素

材が手に入らなかったとしても、偽物の素材を仕入れて『これが氷見のブリです』

と言って客に出すところだが、ここは正直に言ってくれる。

信頼出来る、良いホテルだ。

氷見市内にある観光ホテル等に負けずに、これからも頑張ってもらいたい。

-----

割烹 若竹 ビジネスホテル信貴館1F   富山県氷見市本町17−19

1泊夕食付(氷見づくし膳+氷見ブリの季節だけの限定プラン)  13000円

を予約していたのだが、ブリが手にはいらなかったので11580円

|

« ビジネスホテル信貴館 | トップページ | 富山湾越しに見る夕焼けの立山連峰 »

コメント

連休明けに、氷見にはじめて行ってきました。
ガイドの登場店に行き、ブリ尽くしコース。
たべきれないほどの量で、最後のブリしゃぶは
大半残しました。
格別に美味しいというほどのことはありませんでしたが
見栄えはとても新鮮でした。
おどろいたのが、ご飯。かなり、べちゃべちゃの柔らか目。これで、握りが二カン。とてもたべれたものではありません。この店は、ブルータスなどにも出ているとの事。
それから、美味しんぼに登場する店もネットで調べましたが、食べログの評判すらよくない。
名店を見つけた、本物さんがうらやましいです。

投稿: パクパク | 2013年1月19日 (土) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビジネスホテル信貴館 | トップページ | 富山湾越しに見る夕焼けの立山連峰 »